ADVANCE カーコーティング ポリマー加工 埼玉県 川口市 越谷市

自動車ガラスに車体番号を刻印し車両盗難防止効果を高めます

すでに欧米の高級車で実績のある自動車ガラスエッチングシステムですが、最近、国産新車ディーラーでも採用しています。仕上がりが美しく、低コストで高級感のあるドレスアップ効果もあります。

現在、損害保険会社の各社でも、ガラスエッチング施工車を保険料割引きの対象にするよう、検討を始めています。

ガラスエッチングイメージ1
ガラスエッチングイメージ2
なぜ、ガラスにエッチングをするのでしょう 車両窃盗犯は、ナンバープレート、車体番号、車検証等を偽造した上で車両を売却し現金化します。ガラスエッチングを施工することでガラスに半永久的に消すことの出来ない車体番号が刻印されます。

たとえ、車体番号や車検証を偽造しても、ガラスの番号は一致しないため、盗難車であることが容易に発覚します。転売するにはガラスの交換が必要になりますが、ガラス交換には高額の費用と手間がかかるため、窃盗犯は車体番号が刻印されている車は狙わなくなります。

盗難後の車発見にも効果のある、画期的なシステムです

ガラスエッチングは、車両の盗難防止はもちろん、盗難にあった場合の捜査においても発見に役立ち、戻ってくる可能性が高くなります。
たとえ、ナンバーを偽造して乗り回されたり保管していたとしても、ガラス面にエッチング施工している車体番号で、盗難車両とすぐ分かります。

米国では、実に170台に1台が車両盗難に遭っているとの統計が出ています。米国ケンタッキー州の警察が、自動車ガラスエッチングの施工を12万5千台に4年間試したところ、統計上はその4年間で700台以上の車両が盗難に遭うところが、エッチング施工車においては、期間中に盗難に遭った台数はわずか3台でした。また、その3台の内2台は発見され、取り戻されている、という実績が報告されています。